クリクラで使用している逆浸透膜システムは、水に圧力をかけて小さな水分子だけを分離膜に通過させることで不純物を「分離・除去」するタイプの浄水システムです。このとき、生成水となるのはわずか30%ほど。1リットルの水を浄水すると、300ccが不純物を含まない生成水として抽出され、残りの700ccは排水されます。放射性物質を含むほとんどの不純物は排水と一緒に廃棄されますので、一般的な浄水器のように「不純物がフィルターに蓄積して急激に除去効果が低下する」ことはありません。 また、クリクラ工場の逆浸透膜フィルターは定期的に交換しています。生成水の品質も常に監視しており、不純物の除去率が基準値を下回った場合にも交換となります。 このように、高度で精密なろ過技術と、日々のメンテナンスにより、放射能の心配がない安全な水をお届けしていますので、ご安心ください。

お客様の声
東京都 女性(32才) 評価:★★★★★

原発の影響も考えて、水道水を調理用に使用することをやめました。そのかわりに、クリクラのウォータサーバーを導入!クリクラでは、他社よりも放射能への対策が厚いので安心して使用できています。

京都府 女性(50才) 評価:★★★★☆

毎日飲むお水ですので、さすがに放射能が心配になり、こうのようなお水の業者さんに頼んでいます。不安要素がないので、精神的にとても安心してお水や料理を楽しんでいます。

宮城県 男性(50才) 評価:★★★☆☆

職場でクリクラを使っていて馴染みもあったので、好印象はありました。宮城ですので、どうしても放射能が不安でしたが、クリクラの放射能対策は、1番だと思いまして家庭への導入を決定いたしました。

2013年04月11日

クリクラで放射能の心配はもうしなくて大丈夫!



【クリクラ】逆浸透膜システム
放射能の心配はございません【クリクラ】




クリクラ放射能


クリクラでは、国の基準を満たす原水に対して「逆浸透膜(RO膜)」で精密ろ過処理を行っています。
万一、原水にわずかな放射性物質(ヨウ素、セシウムなど核種で放射線を出す物質)が含まれていても、
RO膜の細孔(穴の大きさ)と放射性物質の大きさから判断して、理論的に除去が可能と考えられます。

独立行政法人 放射線医学総合研究所


クリクラ放射能

Q クリクラはどこで作られていますか?また、原水は何を使っていますか?

A 福島県に宅配されるクリクラの水はクリクラ福島工場または
クリクラ福島天栄工場で製造されています。

原水には須賀川/天栄村の水道水を使用しています。
お客様の中には、自宅に届くクリクラの水が福島県内の工場で製造されていることや、
原水が福島県の水道水と聞き、不安に感じる方もいらっしゃいます。

しかし、心配する必要はありません。
クリクラの水は、そのまま飲んでも安全とさている飲用水(水道水)を逆浸透膜(RO膜)で
さらに精密ろ過した安全な水です。

専門機関での放射能測定検査においてもクリクラ水に放射性物質が含まれていないことが確認されています。
クリクラノースランドでは、私たちが暮らす福島県の水を安全な状態にして
福島県内で消費するという水資源の地産地消に大きな意味があると考えています。




Q サーバーから水を注ぐたびにボトル内に空気が入りますが、
水が汚染されませんか?



A クリクラのウォーターサーバーにはHEPA(ヘパ)フィルターが標準装備されています。
このHEPAフィルターはクリーンルームなどで使用されるフィルターで、
空気中のゴミ・粉塵を99.97%除去することができます。

ボトル内に入る空気は、このHEPAフィルターを通しているため水の安全な状態が保たれます。
またHEPAフィルターは年一回のサーバーメンテナンス時に交換されるため安心してご利用いただけます。




Q 浄水システムはフィルターに放射性物質が蓄積され目詰まりするため、
期待通りに放射性物質を除去できないと聞きましたが、
クリクラの浄水システムは大丈夫なのですか?



A ご心配されているのは、活性炭フィルターなどの一般的な浄水器でも使用される、
原水をフィルターに通して不純物を「吸着・除去」するタイプの浄水システムと思われます。

このようなタイプの浄水システムは、ご指摘のように不純物質がフィルターに蓄積されていき、
期待通りの除去効果がえられないことがあります。

クリクラで使用している逆浸透膜システムは、水に圧力をかけて小さな水分子だけを
分離膜に通過させることで不純物を「分離・除去」するタイプの浄水システムです。

このとき、生成水となるのはわずか30%ほど。1リットルの水を浄水すると、
300ccが不純物を含まない生成水として抽出され、残りの700ccは排水されます。


放射性物質を含むほとんどの不純物は排水と一緒に廃棄されますので、
一般的な浄水器のように「不純物がフィルターに蓄積して急激に除去効果が低下する」ことはありません。

また、クリクラ工場の逆浸透膜フィルターは定期的に交換しています。
生成水の品質も常に監視しており、不純物の除去率が基準値を下回った場合にも交換となります。
このように、高度で精密なろ過技術と、日々のメンテナンスにより、
放射能の心配がない安全な水をお届けしていますので、ご安心ください。





【クリクラ】逆浸透膜システム
放射能の心配はございません【クリクラ】




posted by クリクラ放射能 at 07:43| Comment(0) | クリクラ放射能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。